増殖

増殖・株分けの仕方

ネペンテス

目安:枝が邪魔になってきた。足元から新芽が出てきた。
挿し木剪定。伸びてきた枝を切ります。

葉の上側根本にある点が新芽の出てくるところです。
点を2〜3か所ほど残す様にして切っていきます。頂点は先端と最初の葉をニコイチで見立て、無いものとして考えます。


切るときは、株へのダメージを最小限に抑えるため水の中で切ります。
10分くらい水道水につけておきます。(カルキである程度は殺菌されます)


鉢を用意します。鉢底石と鹿沼土か日向土。
鉢底石を1㎝くらいしきつめ、その上に少しだけ日向を盛ります。


日向土の方が鹿沼土より崩れにくく乾燥しやすいです。
腰水する鉢に使うなら私は日向土。
個人的に好きな鉢底石は焼赤玉大粒。
水をかけて湿らせたら切った枝を入れ、日向土で四方を固めまた水をかけます。


腰水は鉢底石の分だけします。
切った頂点は温度と湿度が必要。
一番下になる葉は土から顔を出す様にして植える。
できれば芽が出るところを土でふさがない。
使うと良いかもしれないお薬 上の切口:トップジンM

 

ヘリアンフォラ・セファロタス

目安:鉢の下から根が出てきた、草体が鉢いっぱいになってきた。用土の表面が苔むした。 
根は縦に延びるので深鉢を推薦。
無理矢理割くと腐ってくる場合もあるので、自然に分かれてくれるのを待つのが得策。
土は鉢底石1㎝にミズゴケか日向土とパーライトや桐生土の混合。
株分け後は調子を崩しやすいが、同じ環境で育てれば少しダメージを受けたとしても大丈夫。

↓とれた葉を用土にさして腰水しておけばあら不思議。の図。

サラセニア

目安:ミズゴケが腐ってきた。鉢のフチに新芽が当たりだした。

ハエトリソウ・ドロセラ

目安:ミズゴケが腐ってきた。ハエトリソウが用土に潜り込んでる。ドロセラ無法地帯。

ピンギキュラ

目安:ミズゴケが腐ってきた。分裂繰り返して山になってる。

ウトリクラリア

目安:鉢から出た根が泳いでる。底から葉っぱがコンニチハ!